かぷりころぐ

Octopus dumplings Food stands

【海外ドラマ】ナイトライダー!~K.I.T.T(キット)への憧れ…あの頃僕たちはナイト2000に乗りたかった(今も)~

f:id:caprico_360:20171019180525j:plain

 

先日、特攻野郎Aチームを振り返りましたが↓

www.caprico-log.com

 

今回は私が愛してやまないもう一つの海外ドラマである、「ナイトライダー」を振り返ります。海外ドラマに名作は数あれど、私の中では「ナイトライダー」と「特攻野郎Aチーム」が、海外ドラマ二大巨頭です(笑)

ナイトライダーとは

1982年から1986年まで全84話(シーズン4)に渡って放映された、アメリカのドラマ。

日本では1987年から本格放映が開始されたんですが、Aチーム同様、オープニングからワクワクさせてくれるんですよ、これが。

イントロ⇒荒野を爆走するナイト2000⇒渋いナレーション

ナイトライダー、陰謀と破壊と犯罪の渦巻く現代に蘇る、正義の騎士…。

今見てもボルテージが上がります。

 

日本では10話分未放映でしたが、2014年に発売されたコンプリートブルーレイBOXには、全エピソード収録されています!!ファンが待ち望んだ完全版

当時と同じ、ささきいさお氏&野島昭生氏が吹替を担当している点が嬉しい~。

 

ナイト2000(K.I.T.T)

ナイトライダーの一番の魅力は、何といってもドリームカー ナイト2000!

ポンティアック ファイアーバード トランザムをベースにしたこの車。

意思をもった人工知能「K.I.T.T」が喋るだけでも驚きですが、他にも様々な機能を備えています。

  • 自律無人走行
  • 耐弾&耐爆性
  • 最高時速520km(のちに720km!)
  • ターボブースト(車体ジャンプ)
  • スキーモード(片輪走行)
  • オイルスリック(後方へオイル散布)
  • スモークリリース(後方へ煙幕噴射)
  • ティアーガス(後方へ催涙ガス噴射)
  • 火炎放射(後方へ炎噴射)
  • マイクロジャム(電子機器妨害)
  • シートイジェクト(ドライバーを車外射出)

等々ある他、血液解析装置だの消火装置だの声帯模写機能だの…枚挙にいとまがない位多機能なんです。

 

スキャナーライト(左右に動く赤いライト)がまたカッコいいんですよね。。

名コンビの勇姿↓

f:id:caprico_360:20171019180551j:plain

今でも、自分が大金持ちになったら「ナイト2000」か「デロリアン」(バック トゥ ザ フューチャー)を作りたいと思ってます(笑)

 

主な登場人物たち 

  • マイケル ナイト

K.I.T.Tの相棒で、主人公。

本名はマイケル ロングで元警官だが、とある事件でナイト財団に救われて財団に加入。基本的に明るく軽薄な雰囲気をまとっていて、アメリカ人のイメージそのままな感じですね。女性に弱い

 

  • K.I.T.T(キット)

皆の憧れナイト2000に搭載されている人工知能。

理知的で真面目ですが、AIにも関わらずユーモアセンスも持っている、万能選手(笑)

マイケルとの掛け合いが漫才の様で面白く、性格は違えど信頼しあってる感じが伝わってきます。

 

  • デボン シャイアー

ナイト財団の責任者で、マイケルの良き理解者。

各機関(軍・FBIなど)にコネを持っていて、とにかく顔が広い人。

画面に出てくると安心する、温厚紳士爺。

 

  • ボニー バーストウ

シーズン2以外のメカニック担当。 

後述のエイプリルもそうですが、最新科学の粋であるK.I.T.Tの改造を1人で行ってしまう天才。ノーベル賞とれるんじゃないだろうか…

 

  • エイプリル カーティス

シーズン2のメカニック担当。

ボニー同様、たった1人でK.I.T.Tに色々な新機能を付ける事が出来る天才。

二人とも、作中しばしば登場する「ナイト財団移動本部」(ルークワンという大型トレーラー)で作業を行うシーンが多かったです。走行しているトレーラーの後部からナイト2000が出てくるシーンも、堪らないんですよ 

 

嬉しいニュース

以前から復活の噂が出ては消え、出ては消えを繰り返していましたが、最近新情報が飛び込んできました↓

『ナイトライダー』新シリーズ企画が浮上! デヴィッド・ハッセルホフがコメント/2017年8月17日 - 海外ドラマ - ニュース - クランクイン!

 

今度こそ実現してほしいですね!

 

↓は2015年に公開された新作トレーラー

www.youtube.com

年取ったデヴィッド ハッセルホフが渋い(笑)

 

如何でしたか?

昔見た人はもう一度あの興奮を。

見たことが無い人は初めての興奮を。

是非味わってみてください。

 

その他の【海外ドラマ】は↓↓