かぷりころぐ

Octopus dumplings Food stands

【格安SIM】NifMo(ニフモ)を3年使ってみた。メリット&デメリットは?【SIMフリー】

f:id:caprico_360:20171107220658p:plain

 

皆さんは、携帯ってどこの会社と契約してますか?ドコモ?au?それともSB?

 

私は、2014年からNifMo(ニフモ)と契約しています。

それまでは20年くらいauと契約してたんですが、長く使っていてもサッパリ恩恵が無く、新規顧客ばかり優遇し続ける事に呆れ果てて、当時は今ほど一般的じゃなかった「格安SIM」(いわゆる格安スマホの事)への乗り換えを決断しました。

最初auと契約した時はまだ「セルラー」だったなぁとか、番号も10桁だったなぁとか、色々思い出はあったんですけどね(汗)

その後、調べに調べた結果NifMo(ニフモ)に辿り着き、約3年経った今も満足して使っているので、今回はその辺りを紹介したいと思います。 

NifMo(ニフモ)とは

NifMo(ニフモ)とは⇒ニフティ株式会社が提供しているMVNOです。

ニフティは昔からISP(インターネットプロバイダー)として有名ですよね。あとは、人気サイト「デイリーポータルZ」の運営も行っています。このサイト、一時期めっちゃ見てた

※ニフティと言えば、懐かしのパソコン通信「草の根BBS ニフティサーブ」なんだけど、、流石に古すぎかな(苦笑) ダイヤルアップ接続時代のネット黎明期についても、いつか記事を書きたいと思ってます

 

NifMo(ニフモ)公式サイトは↓

NifMo

 

料金体系

SIMカードの種類によって変わりますが、ここでは一般的な「音声通話対応SIMカード」の場合を紹介します。他には「データ通信専用SIMカード」と「SMS対応SIMカード」がある

データ通信プランによって4つに大別されるんですけど…↓

  • 1.1GBプラン⇒1447円
  •   3GBプラン⇒1728円
  •   7GBプラン⇒2484円
  • 13GBプラン⇒3780円

 

どのプランにしても安い!(1.1GBは隠しプラン、HPではなくバナー限定)

私は3GBプランなので、毎月約1700円しか払ってません!

 

スマホセット

今は(2017年9月現在)10種類のスマホから選択可能です。

「HUAWEI P10 Plus」や「ZenFone AR」などのハイスペッククラスから「HUAWEI P10 lite」や「ZenFone 3」などのミドルクラスまで、予算に合わせて選べますね。

 

定期的に変更されるので、詳細は公式サイトを↓

NifMo

 

 

概要は以上となります。

では、格安スマホNifMo(ニフモ)のメリットとは?

 

メリット 

  1. 月額利用料が安い
  2. 今の電話番号がそのまま利用できる
  3. 契約がシンプル
  4. 困らない

 

といったところでしょうか。順番に見ていきましょう。

  • 月額利用料が安い

やっぱりこれが大きいですね。

3大キャリアの人って毎月いくら払ってますか?6000円~8000円?高い人だと10000円超えなんて人もいるんじゃないでしょうか。。ところが、今の私は毎月約1700円で済んでます。通話したい時はLINE電話を使用

7000円の人は年間84000円、1700円の私は年間20400円…差額は何と63600円!

これは大きいですよ~。旅行に行けちゃいます飲み会なら10回以上は行けちゃいます! 

  • 今の電話番号がそのまま利用できる

これも嬉しい。格安スマホもMNP(ナンバーポータビリティ)が可能なので、電話番号を変えずに移行可能です。後述するメールアドレスに関してはともかく、電話番号はそのままが良いですよね。 

  • 契約がシンプル

3大キャリアの場合、なるべく安く使おうとすると色々なプランに加入する必要がありますよね?例えば「基本プラン」+「〇年縛り」で〇%割引!とかだと、解約するときはタイミング考えないと違約金が発生して…などなど

格安スマホは、そういうのが無くてシンプルです。「〇〇プラン」にさえ入っておけば万事OK!みたいな感じで、非常に楽(笑)

  • 困らない

これは説明が難しいんですけど(笑)

要は安くてお得なのに、使ってて困る事が何も無いんです。安い代わりに〇〇が~といった不便さを感じる事が、3年使っててほぼ無いっていうのが嬉しい。分かりづらい?(笑)

 

 

デメリット

そうは言ってもデメリットあるんじゃないの?

と思ったあなたの為に、続いてデメリットを…。 

  1. キャリアメールアドレスが無くなる
  2. LINEの年齢認証ができない
  3. 半年以内に解約すると違約金発生
  4. キャッシュバック振込がやや遅い

 

こんなところでしょうかね。では順番に見ていきましょう。

  • キャリアメールアドレスが無くなる

いわゆる「docomo.ne.jp」とか「ezweb.ne.jp」とかの事です。

ただ、、今更キャリアメールアドレスって必要ですかね?GmailとLINEがあれば生活に支障ないので、無くなっても困らないと思いますよ。むしろアドレス整理に役立ちます

  • LINEの年齢認証ができない

年齢認証ができないのでID検索機能が使えず、ID検索からの友達追加が出来ません。これは不便…と最初は思ったんですけど、直接会った時に交換する場合はQRコードで、電話番号が分かっている場合はSMS(ショートメッセージ)で友達登録可能な事が分かったので、別に困らないです。

  • 半年以内に解約すると違約金発生

利用開始月の翌月から6ヶ月間以内に解除すると、8640円の契約解除料がかかります。でも、私は2~3年継続する予定で契約したので、関係なかったです。

  • キャッシュバック振込がやや遅い

キャッシュバックが振込されるのは、利用開始月を含む9ヶ月目となります。

すぐ欲しい人にはやや遅く感じられるでしょうけど…↑で書いた通り、2~3年継続する予定であれば、3ヶ月後だろうが9ヶ月後だろうが、問題なしです。

 

…という事で、正直な話、デメリットって無いんですよね。少なくとも私にとっては。

まったく書かないと嘘くさくなっちゃうので、無理矢理ひねり出しました(笑)

 

NifMo(ニフモ)公式サイトは↓

NifMo

限定キャンペーンは↓  

如何でしたか?

気になった人は公式サイトを見て検討してみてください。特に、未だに3大キャリアを使っている人は、年間支出がだいぶ減りますよ!!