かぷりころぐ

Octopus dumplings Food stands

【名作漫画】おすすめ漫画5選!【格闘バトル編①】

f:id:caprico_360:20171019174847j:plain

 

次鋒レオパルドン、いきます!!

 

瞬殺」という言葉は、彼のためにあると言っても過言ではないですね。
僅か3コマの出番。。

という事で、今回は【格闘編①】を紹介します。このカテゴリも名作揃いですよ!

おすすめ格闘バトル系漫画5選!①

 

「キン肉マン」 ゆでたまご

まずは、こちらの大ヒット作。漫画・アニメ・映画・そして「キン消し」と、当時の日本の子供たちを熱狂させた、偉大な作品。

週刊少年ジャンプの三大原則「友情・努力・勝利」を体現しているうえ、ドラゴンボールの「スカウター」に代表される戦闘力の数値化を漫画において使ったのは、キン肉マンの「超人強度」が元祖です。ロボット系アニメではもっと昔からありました

一旦全36巻で完結しましたが、後述の2世を挟んで24年ぶりにまさかの連載再開!
しかもWEB上(週プレNEWS)で毎週無料掲載されています!

これを読まずに、格闘漫画を語るなかれ。 

2017年9月現在、60巻まで刊行中

 

Kindle登録、30日間無料キャンペーン実施中↓↓

Kindle Unlimited会員登録

 

続編の2世は第1部:全29巻(文庫版だと全21巻)・第2部:全28巻完結済
まあ、私は2世好きじゃないんで、見るのは初代だけで十分ですけどね(苦笑)

 

「THE MOMOTAROH」 にわの まこと

おとぎ話をモチーフにしたプロレスラーたちが活躍する、プロレスバトル

桃太郎・金太郎・浦島太郎・一寸法師・酒呑童子などがいてコメディ色の強い作品なんですけど、時々熱い展開があるんです。そのギャップが面白かったですね。この時代の週刊少年ジャンプはレジェンド級の漫画が沢山連載されていたので、それらの影に隠れがちなんですけど、この漫画も名作ですよ!

 

同じ作者の別作品とのコラボ(全3巻完結済)
ただ、この作品を普通に購入できるのは2巻まで。3巻は商業販売されず、クラウドファンディング支援者のみに配布されました…。そりゃないよ…

↑のコラボ作品とは別の続編もあります(全1巻完結済)↓
当時流行った総合格闘技に参戦。

 

「修羅の門」 川原 正敏

こちらはマガジン系、「月刊少年マガジン」で連載されていた作品。

陸奥圓明流という(主に)立ち技系の格闘技を修めた主人公が色々な流派の敵と戦っていくんですが、陸奥圓明流は不敗という設定なので、この主人公は負けません。
普通、負けない事が分かってる主人公の戦いってつまらなくなりがちですけど、この漫画は戦闘描写に緊張感と説得力がありました。主人公の必殺技「四門(朱雀・玄武・白虎・青龍)」がそれぞれまたエグい技なんですよ…。

全31巻完結済(文庫版だと全15巻)

 

14年ぶりの続編(全18巻完結済)↓
正確には、元々未完で14年ぶりに再開⇒今度こそ完結。という流れ

 

「はじめの一歩」 森川 ジョージ

こちらもマガジン系、「週刊少年マガジン」の作品。

言わずと知れた、大人気ボクシング漫画!…と言えたのも、今は昔。現在はいつ終わるのか分からないダラダラした展開が続いていると、批判が高まっています。まあ、確かにスポーツ漫画で100巻超えは長すぎですね(苦笑)

でも、途中までは本当に名作でしたよ。ボクシング漫画No.1は、この作品です。あしたのジョーっていう不朽の名作もありますが

ちなみに、私が一番好きな試合は「間柴VS木村」戦! 泣けます。

2017年9月現在、118巻まで刊行中

 

「餓狼伝」 板垣 恵介

ラストはこちら。「夢枕 獏」の原作小説を、グラップラー刃牙で有名な「板垣 恵介」が漫画化した作品。基本的には原作を踏襲しつつも、板垣 恵介らしさ溢れる漫画に仕上がっています。主人公は色々な流派を学んだ在野の格闘家なんですが、かなり血気盛んで喧嘩っ早いです(苦笑)板垣 恵介の漫画は、そういうキャラが多い

あとは、やっぱり格闘漫画における「異種格闘技戦」とか「トーナメント」って、燃える展開ですよね(笑) プロレス好きとしては、プロレスラーが大活躍したので嬉しかったです。

2017年9月現在、26巻まで刊行中(長らく連載休止中の為、続巻未定…)

 

では、近日中に②でお会いしましょう。

※ちなみに、キン肉マンはいずれ特集記事を作ります

 

今ならKindleが30日間無料です↓

 

その他の【漫画編】は↓↓