かぷりころぐ

Octopus dumplings Food stands

楽天アフィリエイトの再訪問有効期間(cookie)が30日間から24時間へ短縮。商品ジャンルごとの新報酬料率一覧【リスト/まとめ】

f:id:caprico_360:20180719220426j:plain

(2018/7/31追記)
・商品ジャンルごとの新報酬料率リリース

 

7月17日に開かれた楽天EXPO2018において、楽天アフィリエイトの再訪問有効期間(cookie)の短縮、及び料率改定が発表されました。

 

・再訪問有効期間 30日間 → 24時間

・成果報酬料率  1% → 2%~8%

 

新ルールの適用は2019年2月1日から(予定)

 

サイト運営をしている人は自身のサイト収益にどのような影響をもたらすのか気になるところですよね。

 

この改定によって

得をする(報酬が上がる)のか?

損をする(報酬が下がる)のか?

 

私見では、「得をする(報酬が上がる)

 

では、何故アフィリエイターが得をするのか、楽天アフィリエイトの新ルール(Cookie有効日数・新料率)の内容を振り返りつつ、順に見ていきましょう。

※中段にジャンルごとの新報酬料率リスト有り

 

楽天アフィリエイトの再訪問有効期間(cookie)が30日間から24時間へ短縮。商品ジャンルごとの新報酬料率一覧【リスト/まとめ】

 

楽天アフィリエイト 再訪問有効期間(Cookie)30日間→24時間

f:id:caprico_360:20180719225930j:plain

 

楽天における現行ルールでの再訪問有効期間(Cookie有効日数)は30日間。

 

Amazonの24時間に比べて、約30倍の長さです。

 

アフィリエイトリンクをクリックした人がすぐに買い物をしなかった場合も、30日以内に購入すれば自身のサイト成果として認められるため、Cookieの上書きor消去をしていなければ、いわゆる「棚ぼた報酬」がゲットできます。

 

この点は、Amazonアソシエイトより楽天アフィリエイトが勝る部分の一つ。

 

…でしたが、それが24時間になってしまうのは残念ですね。

 

楽天アフィリエイト 新報酬料率リスト(一覧)

現行ルールの報酬料率は1%が基本。

 

モノによって5%や10%、中にはそれ以上の高設定もありますが、あくまで極一部のキャンペーン対象商品だけ。

 

しかし、新ルールではジャンルによって2%~8%と基本が大幅UP!

 

(2018/7/31追記)

以下、商品ジャンルごとの新報酬料率一覧となります。

 

●報酬料率8%

・食品
・スイーツ、お菓子
・水、ソフトドリンク
・日本酒、焼酎
・ビール、洋酒
・メンズファッション
・レディースファッション
・バッグ、小物、ブランド雑貨
・ジュエリー、アクセサリー
・インナー、下着
・靴


●報酬料率5%

・ダイエット、健康
・美容、コスメ、香水
・医薬品、コンタクト、介護
・ペット、ペットグッズ


●報酬料率4%

・旅行、出張、チケット
・花、ガーデン、DIY
・キッズ、ベビー、マタニティ
・スポーツ、アウトドア


●報酬料率3%

・本、雑貨、コミック
・おもちゃ、ゲーム
・ホビー
・生活、インテリア
・日用品雑貨、文房具、手芸
・百貨店、総合通販、ギフト
・キッチン用品、食器、調理器具
・インテリア、寝具、収納
・学び、サービス、保険
・不動産、住まい


●報酬料率2%

・家電
・TV・オーディオ・カメラ
・パソコン・周辺機器
・スマホ・タブレット
・CD・DVD・楽器
・デジタルコンテンツ
・光回線・モバイル通信
・車用品・バイク用品
・車・バイク
・腕時計
・その他

 

新ルールの適用は2019年2月1日から(予定)

 

楽天アフィリエイト 1商品あたりの成果報酬上限は1,000円になる?

f:id:caprico_360:20180719233126j:plain

 

今回の新ルールで一番不明なのがここ。

 

現行ルールでは楽天アフィリエイトに1商品あたりの報酬上限はありません。

仮に100万円のモノが売れれば、成果報酬として料率1%の1万円がゲットできます。

 

しかし、ここもAmazonアソシエイトに準拠するのであれば、100万円のモノが売れても成果報酬は1,000円止まり…。

 

100万円は極端だとしても、例えば楽天スーパーセールで8万円の洗濯機が売れた場合を想定すると、

料率2%で上限なし→成果報酬は1,600円

料率2%で上限あり→成果報酬は1,000円

 

となり、成果報酬の差額は600円。

売れば売るほど、この差は開く一方。。

 

このルールがどうなるのかは非常に気になるところです。

 

 

楽天アフィリエイト 新ルールはアフィリエイターにとって得or損?

【メリット】

成果報酬料率が2%~8%へUP

【デメリット】

再訪問有効期間が24時間へ短縮

1商品あたりの上限報酬が1,000円に減少(仮)

 

上記を天秤にかけた際、私はメリットのほうが大きいと考えます。

 

Cookieの有効日数短縮によって棚ぼた報酬が得られないのは残念ですが、そもそもAmazonは今も24時間。

 

ということは、

  • タイミング良く(セール開催時など)訴求
  • 商品を(ピンポイントに深く)訴求

すれば、購入まで結びつけられます。

 

成果報酬料率は大幅UPしているので、購入までいけば総合的な成果報酬はプラスになるでしょう。

 

 

楽天アフィリエイトの再訪問有効期間(cookie)が30日間から24時間へ短縮 まとめ

f:id:caprico_360:20180719232615j:plain

 

【旧ルール】

①アフィリエイトリンクをクリック

②30日以内に楽天市場の商品を購入

③成果報酬料率1%(基本)の報酬をゲット

 

【新ルール】

①アフィリエイトリンクをクリック

②24時間以内に楽天市場の商品を購入

③成果報酬料率2%~8%の報酬をゲット

 

【懸念点】

1商品あたりの成果報酬上限がどうなるか

(上限なし or 1,000円?)

 

【アフィリエイターへの影響】

基本的には得をする筈

Cookie有効日数の短縮による棚ぼた報酬減少よりも、報酬料率UPの恩恵のほうが大きい(1商品あたりの成果報酬上限が1,000円になったとしても)

 

ただし、下記条件は必須。

・巷のニーズを考慮した商品の選定

・しっかりと深く刺さる訴求

 

再訪問有効期間が30日間から24時間に減るデメリットを気にしている人が多いようですが、それは棚ぼた報酬に頼りすぎ。

 

セールを上手く活用して即決を促せば、必ず現行ルールより収益が上がる仕組みだと思いますよ。