かぷりころぐ

Octopus dumplings Food stands

【企業】スタートアップとベンチャーの違い【起業/就職】

f:id:caprico_360:20190117155549j:plain

 

Amazon Launchpadとは?スタートアップ企業のおすすめ商品まとめ

 

という記事において『Amazon Launchpad』について紹介しましたが、その際に頂いた質問で多かったのが、

 

そもそも「スタートアップ」って何?

 

という内容でした。

確かに普段生活する中でスタートアップはあまり聞きなれない言葉ですし、聞いたことがあるという方も、ベンチャーとの違いをイマイチ理解できていない様子。

 

そこで今回は

  • スタートアップとは?
  • ベンチャーとの違い

についてお伝えします。

 

スタートアップとベンチャーは似ている部分が多いため混同しがちですが、このページを読んでしっかり違いを理解してください。

 

【企業】スタートアップとベンチャーの違い【起業/就職】

 

スタートアップとは?

 

スタートアップは近年ビジネスの場において話題になっているワードですが、その言葉の意味するところは一つではありません。

 

「新しいアイディア・ビジネスモデルを開発する企業」や「短期間のうちに急激な成長を目指す企業」、さらには「イノベーションの観点がありEXIT(エグジット)が明確である企業」などがスタートアップ企業と呼ばれています。

 

スタートアップという言葉の意味が複数にまたがるのは、まだ日本にスタートアップという言葉が定着していないためです。

しかし、これらの言葉を合わせることにより、スタートアップ企業を下記のように定義づけることができるでしょう。

 

スタートアップとは?

創業数年以内の、既存には無いイノベーション・ビジネスモデルを開発し、短期間のうちに急激な成長を目指してゴール(EXIT)を明確に打ち出している集合体

 

 

ベンチャー企業とは?

 

続いて、ベンチャー企業の定義を見てみましょう。

そもそもベンチャー企業についても様々な見解があるのですが、概ね下記のような定義となっています。

 

ベンチャーとは?

革新的なアイデアや技術をもとに新しいビジネス及びサービスを展開する、創業数年以内の中小企業

 

ちなみにベンチャー企業という言葉は和製英語であり、英語圏では「ベンチャー(キャピタル)=投資を行う企業または人」を指すので注意してください。

 

スタートアップとベンチャーの違い

f:id:caprico_360:20190117155604j:plain

 

では、スタートアップとベンチャーの違いはなんでしょうか。

 

どちらも、既存のアイディアとは違う新たな価値観をもって新ビジネスの創造を目指しています。

また、どちらもその存在の特性上、財政的に厳しく投資機関からの援助を受けているケースが多い点、やりがいや夢をもっている若い人たちで構成されていることが多い点も、共通項として挙げられるでしょう。

 

しかし、一見似ている両者にも、いくつか明確な違いがあります。

 

スタートアップはイノベーションの観点をもっている

ここで言うイノベーションとは、「世の中に新たな価値を提供し人々の生活や社会を大きく変える」という意味で、既存のサービスの延長線上にはない全く新しいモノを生み出し、ある種の革命を起こすことを目的(目標)にしているか否かのことです。

 

スタートアップは短期間でのゴール(EXIT)を目指している

ベンチャーは、その成り立ちは急であっても、ビジネスは中長期的な視点をもって取り組み、企業自体も繁栄・存続を目指していきます。

しかしながら、スタートアップは最初から出口(EXIT)を決めており、短期間で急激な成長を行い世の中にイノベーションを起こしたあと、その集合体の存続自体には拘りません。株式の上場や生み出したモノの売却によって大きなリターンを獲得したら、その役目を終えます。

 

自分の力を試したい、大きなことを成し遂げたい、新たなサービスを作り上げたい、世の中の役に立ちたい…このように考える方(特に若い人)にとって、スタートアップ企業への就職or転職は、非常に魅力的な選択肢、重要視すべき業界と言えるでしょう。

 

スタートアップ企業に就職を考えている方へ

 

自分もスタートアップ企業で働きたい

 

というニーズが特に若い方のあいだで高まっているため、最近スタートアップへの就職(or転職)に力を入れているサイトが増えてきました。

 

スタートアップもしくはベンチャーで働きたい方は、下記のサイトをいくつか登録しておきましょう。複数のサイトに登録しておくことで、希望する求人に当たる可能性が高くなります。

 

シンアド

 

マンツーマンの転職支援で圧倒的実績を誇る『シンアド 』は、広告・PR・デジタル業界からの引き合いが多く、独占求人を多数保有。

 

スタートアップ/ベンチャー企業はもちろん、広告代理店・PR・デジタル業界に興味関心がある、入社2年目~35歳前後のキャリア形成に悩んでいる方は『シンアド 』がおすすめです。

業界出身者だからこそできる、実態を反映させたアドバイスが受けられます。

 

\ 入社まで手厚いフォロー /

広告・PR・デジタル業界の転職支援「シンアド」 >>

 

 

GEEK JOB

 

高い転職率を実現している『GEEK JOB

関東一都三県という一部地域のみ対応のサイトですが、だからこそ徹底した採用者目線での就職支援とプログラミング学習支援を実施できていると評判。

 

あなたが29歳以下でプログラムに興味があるなら、『GEEK JOB 』は抑えておくべきサイトと言えるでしょう。

スタートアップやベンチャーにおいて、プログラマーは欠かせない存在。スキルを身につけておくに越したことはありません。 

 

\ 転職成功率95.1%! /

徹底した採用者目線「GEEK JOB」

 

ProEngineer

 

ITエンジニアとしての知識と経験は、スタートアップ企業で必ず重宝されるスキル。

ProEngineer 』では、たとえ未経験でも1~2ヵ月のサーバー/ネットワーク研修期間を設けることが可能なので、いまの自分のスキルに自信が無くても大丈夫です。

 

対象は『GEEK JOB 』同様、29歳以下且つ関東一都三県にお住いの方のみですが、1人ひとりの受講生にアドバイザーが専任でつき、マンツーマンで就活をサポートしてくれますので、まさに至れり尽くせり。

完全無料プログラミング研修&就活塾の名前は伊達じゃありません。

 

\ 就職率96.2%! /

完全無料であなたの就職をサポート「ProEngineer」

 

 

マスメディアン

 

マスメディアン 』は、宣伝会議・販促会議・ブレーン・広報会議などクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行し60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」のグループ会社。

 

広告・Web・マスコミ職種を専門に転職・就職を支援しており、4万人を超える転職支援実績を誇る広告・Web・マスコミの分野でNo.1クラスの転職・就職支援会社となっています。

 

スタートアップやベンチャーへの架け橋として、あなたのキャリアをさらに魅力的なものにしたいなら、『マスメディアン 』は非常におすすめ。

ある程度の経験を求められますが、実践的な求人が多数揃っています。 

 

\ 専門分野で圧倒的な求人数! /

宣伝会議グループ「広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン」

 

関連記事:Amazon Launchpadとは?スタートアップ企業のおすすめ商品まとめ

 

~こんな記事もおすすめ~