かぷりころぐ

Octopus dumplings Food stands

【レトロゲーム】おすすめゲーム5選!【ファミコンRPG編②】

f:id:caprico_360:20171019174034j:plain

 

今回は懐かしのレトロゲーム、ファミコンRPG編②となります。

 

ファミコンRPG編①は↓

www.caprico-log.com

 

おすすめファミコンRPG系ゲーム5選!②

 

「ファイナルファンタジーⅠ~Ⅲ」 スクウェア

ドラゴンクエストⅠに遅れる事1年半、
当時のスクウェア(現:スクウェア エニックス)から発売されたRPG。

ウルティマ・ウィザードリィ・ドラゴンクエストなど、それまでのRPGは「自分が画面の手前・敵が正面」という図式が一般的だったんですが、FFは「自分が右側・敵が左側」という、横から見た画面な点が斬新でしたね。

更に、毎作システムと世界観が一新されるという、これもまたドラゴンクエストとは違う斬新な試みを、今なお行っています。ドラゴンクエストは、どちらかというと「安定安心」をモットーにしたシリーズ

 

日本の2代RPGは「ドラゴンクエストシリーズ」と「ファイナルファンタジーシリーズ」で国民の過半数は異論ないと思いますが、まさかこの2社が合併するとは…当時は夢にも思いませんでした(苦笑)3代RPGは何か?とかになると、もう意見別れちゃいますね

 

ちなみに私は、FFシリーズはⅧで離脱しました。
理由として、

  • 毎回システムが変わって落ち着かない
  • 主人公が勝手に喋りすぎる
  • ムービーが長すぎる
  • グラフィックが見辛くなった

というのがあって、まとめると
FFの主人公は自分じゃなくてキャラクター冒険してるのもそのキャラクターで、我々は画面の向こうの物語を見せられている
という感覚ですね。

FFは「向こう側」に入れない、俯瞰のゲームだと思っています。

 

Ⅲ~Ⅴ辺りが、面白さのピークでした。

 

「ドラゴンクエストⅣ」 エニックス

ファミリーコンピュータで発売された、最後のドラクエ。

今更言うまでもありませんが、以前紹介したドラゴンクエストⅠ~Ⅲは「ロトシリーズ」、今回紹介のⅣ~Ⅵは「天空シリーズ」となります。

ナンバリングの中でどれが1番好き?

というのは、ファンならお馴染みの問答ですよね。
私はやっぱりⅢのあの場面(ギアガの大穴を降りたら…)が堪らなく好きなので、Ⅲと答えますが、、このⅣも僅差で大好きです。

 

それぞれのキャラクターをしっかり掘り下げた、全5章からなる壮大なストーリーも良いですし、ドラクエシリーズで初めてAI・馬車・カジノ・ちいさなメダルが出た、記念すべき作品でもあります。

爆発的な大ヒットを成し遂げた前作と遜色のない、出色の出来と言えるでしょう。

 

「メタルマックス」 データイースト

週刊少年ジャンプの袋とじ「ファミコン神拳でお馴染み、ミヤ王こと「宮岡 寛」が制作したRPGシリーズ。


キム皇こと「木村 初」も制作に携わっていて、初代ファミ神伝承者3人のうち、2人も揃っています(笑) ちなみに、もう1人はゆう帝こと「堀井 雄二」(ドラクエの生みの親)です。途中から、もう2人増えます
懐かしいですねぇ、ファミコン神拳…。ゲームソフトの採点レビューとしては先駆けで、北斗の拳をパロディ化してゲームをレビューする、面白いコーナーでした。。

 

……メタルマックスでしたね。

このゲームは、ドラクエに対するアンチテーゼとして「竜退治はもう飽きた!」というキャッチコピーを掲げ、戦車を乗り回して敵を倒すという、異色の作品でした。

当時のRPGにしては自由度も高くて、1本道じゃないところも良かったですね。

あとは、やっぱり単純に世界観がカッコよかった機械と西部劇の融合の様な…独自路線を歩んでいるシリーズです。

 

「忍者らホイ!」 アスキー

名作RPG「桃太郎伝説」を制作した3人衆、さくま あきら・土居 孝幸・関口 和之が再結集した作品。

さくまあきら総指揮とあって、桃太郎伝説同様ギャグ・コメディ要素が満載です。モチーフがおとぎ話⇛忍者への変更はあるものの、和風RPGという点も似ていましたね。

 

一言で言えば、桃太郎伝説をパワーアップさせた良作!

悪く言っちゃうと桃太郎伝説の単なる焼き直しなんですが同じ忍術を使い続けると5段階に強化される点や、さくまあきら独特の演出の数々は、ハマる人はハマる面白さです。好き嫌いが別れる芸風かも

彼の作品は、他にない「」があるので、桃太郎伝説の続編でも作ってくれたら嬉しいんですけどねぇ~。。

 

「ドルアーガの塔」 ナムコ

最後は、ファミリーコンピュータ初RPG作品である、「ドルアーガの塔」です。

以前までは「頭脳戦艦ガル」や「ハイドライド スペシャル」という説もありましたが、現在では下記の理由により、「ドルアーガの塔」がファミコンで初めて発売されたロールプレイングゲームとなっています。

  • 3本の中で発売日が一番早い
  • 発売する際、RPGとして紹介されている
  • パッケージにもRPGと記載がある
  • プレイ内容にRPG要素を含んでいる

 

元々はアーケードゲームとして稼働、のちにファミコンへ移植されたゲームで、昔の作品らしい骨太な難易度のゲームでした。

クリアするための条件が、普通にプレイしていても見つからないんですよ…(苦笑)昔はそういうゲームが多かったですね

ドルアーガの塔」「イシターの復活」「カイの冒険」「ザ ブルークリスタルロッド」の4作品は「バビロニアン キャッスル サーガ」という一連の流れを汲んだシリーズなので、機会があればプレイする事をおすすめします。

 

如何でしたか?

ゲームに詳しくない人は、今日の記事は殆ど意味が分からなかったと思いますが、最後にこれだけ覚えて帰ってもらえば、問題ありません。

ファミコン初RPGは、ドルアーガの塔

 

その他の【ゲーム編】は↓↓