かぷりころぐ

Octopus dumplings Food stands

【レビュー】象印製最新炊飯器『象印 IH炊飯ジャー NP-VJ10-TA』を購入。マイコンとIHの違いとは?炊飯器の種類を徹底比較!

f:id:caprico_360:20171204131134j:plain

 

我が家では15年間くらい「日立 RZ-YS10 C」という2002年発売の炊飯器を使っていて、古いけど特に問題も起こらず、今まで頑張ってくれていたんですが…。

そんな可愛い炊飯器が、いよいよ不調ぎみに…。

異音を発するようになった上、炊き終わりのメロディが流れたので蓋を開けてみたら、全然炊けてない!という事が頻繁に起こっていました。

 

そこで、このたび15年ぶりに炊飯器の買い替えを決意!

  • 炊飯器の種類
  • 各メーカーの特徴
  • 各種口コミサイトでの評判

…などなど色々と調べに調べ、推敲に推敲を重ねた結果、2017年7月に象印から発売された『象印 IH炊飯ジャー NP-VJ10』を購入しました。

という訳で今回は、最新型炊飯器『NP-VJ10』のレビューを行いたいと思います。

 

長らくお世話になった「RZ-YS10」とのお別れは非常に残念でしたが、最新の炊飯器はホント凄いですよ~。もう『NP-VJ10』のトリコです(笑)

【レビュー】象印製最新炊飯器『象印 IH炊飯ジャー NP-VJ10-TA』を購入。マイコンとIHの違いとは?炊飯器の種類を徹底比較!

 

炊飯器の種類

そもそも、炊飯器って大きく4種類に分かれてるって知ってました?

まずはそれぞれの炊飯器の特徴、メリット&デメリット、どういう人におすすめなのか等を見ていきたいと思います。

 

・マイコン炊飯器

釜の底に電熱ヒーターが付いていて、下から炊き上げる方式のマイコン式炊飯器。

いわゆる昔ながらの炊飯ジャーで、価格が安い点が一番の魅力です。我が家で15年活躍してくれた「日立 RZ-YS10」もこのタイプですね。ちなみにこれです↓

f:id:caprico_360:20171204130844j:plain

他の3種類に比べて熱が弱く、炊き上がりにムラができる…とネット上にはよく書かれていますが、実際には現代の日本製マイコン炊飯器で炊きムラが起こるなんて事はまず有り得ませんから、普通に炊いて普通に食べる分には、何の問題もありません。

現在の炊飯器市場はIH全盛ですが、特にこだわりが無ければ選択肢に入れて良い機種となります。

 

■メリット

・一番安い

・単純な機構なので壊れにくい

■デメリット

・IHに比べると、熱が弱め

・IHに比べると、炊きムラの起こる可能性がある

 

【代表的な製品】

 

マイコン式がおすすめなのは、こんな人

・とにかく安いものが良い

・普通に美味しければ特に拘りなし 

 

・ガス炊飯器

圧倒的な火力を武器に、短時間で炊き上げることが出来るガス式炊飯器。

家庭用も売ってはいるものの、実際に使っている人はそれ程多くありません。ガスコードを繋ぐ必要がある&設置場所を選ぶので、取り回しが若干不便です。また、もし引っ越しする事になった場合、ガスの種類(13A/LPなど)が変わると買い替える必要が出てきてしまいます。

たこ焼き器ならガス式一択と断言出来るんですが…。

ただし、ガス式炊飯器が一番美味しい!というファンも一定数居ますし、決して電気炊飯器に味で劣っている訳ではありません。

短時間で何度もご飯を炊く必要のある飲食店や給食施設など、業務用はほぼこれ一択と言って良いでしょう。

 

■メリット

・短時間で炊ける

・独特の風味と美味しさ

■デメリット

・設置場所が限定される&面倒

・引越し先のガスの種類が変わると買い替える必要がある

 

【代表的な製品】

 

ガス式がおすすめなのは、こんな人

・短時間で炊きたてを食べたい

・1日に何度もご飯を炊く

・引っ越しの予定がない

関連記事
たったこれだけで、たこ焼きを家で美味しく作れる!元たこ焼き屋が実践してる事

 

 

・IH炊飯器

内釜全体に磁力線を当てて、IHの力で炊き上げるIH炊飯器。

現在の炊飯器市場において主力商品となっていて、今回購入した『NP-VJ10』は、このタイプになります。

マイコン式の様に下からだけではなく、上下左右全体から均一に熱を加えるので、炊きムラの件はともかくとしても、マイコン式よりも熱が強く、「ふっくら」「モチモチ」に炊ける事は間違いありません。

今後マイコン式は更に製品数が減っていき、近い将来市場から姿を消す運命です。一般的な家庭でこれから炊飯器を買い替える場合、少しでも美味しいご飯が食べたいならば、IH炊飯器or圧力IH炊飯器の2択と言っても過言ではないでしょう。

 

■メリット

・マイコン式よりも美味しい

・ふっくらモチモチに炊ける

■デメリット

・マイコン式よりも高い

・マイコン式よりも電気代がかかる

 

【代表的な製品】

 

IH式がおすすめなのは、こんな人

・少しでも美味しいご飯を食べたい

・多少電気代が高くなっても構わない

・そこそこのものを長く使いたい

 

・圧力IH炊飯器

IH炊飯器に圧力機能を加えたものが、圧力IH炊飯器です。

基本的な機能・メリット・デメリットはIH炊飯器と全く変わりませんが、それに圧力をプラスした事によって100℃以上の熱を加える事ができ、より「ふっくら」「モチモチ」度合いを増して美味しさをアップさせた、ハイクラス製品となります。

新しいものが大好きで、価格も気にしない。そして少しでも美味しいご飯を食べたい!そんな人におすすめの機種ですね。

ただし、圧力機構が備わっている故に、マイコン式はもちろん普通のIH式と比べても壊れやすい点は否めません。特に圧力のかかる上蓋やゴムパッキンの劣化が激しいので、他の機種よりも製品寿命は短いでしょう。

 

■メリット

・IH式よりも更に美味しい

・安いお米でもふっくらモチモチに炊ける

■デメリット

・一番高い

・製品寿命が短い

 

【代表的な製品】

 

圧力IH式がおすすめなのは、こんな人

・少しでも美味しいご飯を食べたい

・価格や製品寿命を気にしない

・ハイクラスの製品を求めている

 

NP-VJ10 機能

f:id:caprico_360:20171204164141j:plain

  • 強火で炊き続け、うまみを引き出す「豪熱沸とうIH
  • 炊き方が選べる「白米炊き分け3コース
  • 30時間おいしく保温できる「うるつや保温」「高め保温
  • お米のおいしさを引き出す「熟成炊き(白米・玄米)
  • 釜全体に熱が伝わる「黒まる厚釜
  • 汚れがつきにくい「クリアコートふた
  • 清潔さ長持ち「ステンレスふた
  • サッときれいに「洗える内ぶた」「フラット庫内
  • 発酵から焼き上げまで手作りパンが楽しめる「パン(発酵・焼き)
  • ふっくらおいしく焼ける「ケーキメニュー

 

2017年に発売された最新型なだけの事はあり、機能は満載です。

ご飯が美味しく炊ける点はもちろんですが、個人的にはご飯が劣化しない保温機能やパン&ケーキを焼ける点、掃除のしやすいフラット庫内が嬉しいですね。

 

NP-VJ10 実物

実際に我が家に届いた現物を見てみましょう。

 

ダンボールの中は、しっかり固定包装されています。

f:id:caprico_360:20171204215043j:plain

f:id:caprico_360:20171204215143j:plain

で、更に中には

f:id:caprico_360:20171204215210j:plain

しゃもじ・しゃもじ置き・計量カップ2種類(1つは無洗米用)が入っています。

その他にも、説明書と

f:id:caprico_360:20171204221751j:plain

「ご家庭で理想のごはんを炊くための十箇条」が(笑)

f:id:caprico_360:20171204221823j:plain

で、炊きあがりがこちら。

f:id:caprico_360:20171204221942j:plain

写りがイマイチですが、綺麗に炊き上がりました。

f:id:caprico_360:20171204222016j:plain

 

NP-VJ10 便利なところ

個人的に気に入った点、ここが便利!と思った点は以下です。

 

操作が楽チン

基本的に、ボタンを1回押すだけでご飯を炊いてくれます。まあ今の機種はどれもそうでしょうけど、とにかく楽ですね(笑)

保温時間が長い

「うるつや保温」にすると30時間ツヤッツヤのままで保温できるので、家族でご飯の時間が違う日も、炊きたてみたいな温かいご飯が食べられます。

しゃもじ置き

側面にしゃもじ置きを取り付ける事により、しゃもじが立てられるんです!

これ↓

f:id:caprico_360:20171204215930j:plain

え?当たり前だって?まあ、これも最近の機種なら当たり前なのかもしれませんが、以前の「RZ-YS10」には無かったので(苦笑) 上蓋の上に置いていたものが側面に立てられるなんて…清潔に使えるし、個人的にはかなり便利に感じましたね(笑)

 

掃除が楽チン

内蓋が外せて洗えるのは当たり前としても、全体に汚れのつきにくいコーティングがしてあるのと、やっぱり「フラット庫内」が嬉しいですね。内釜を取った時の炊飯器の内側が、とにかくフラット!

これくらいフラットです↓

f:id:caprico_360:20171204215450j:plain

サッと拭けて、掃除が一瞬で終わります。

モノを綺麗に使うコツって、結局のところこまめに掃除をする事だと思っているんですけど、その掃除がストレスフリーでササッと出来るところが最高です。

 

 

NP-VJ10 不便なところ

良い炊飯器ではありますが、欠点がない訳ではありません。

 

上蓋を開けるためのボタン

上についている銀色のボタンを押すと上蓋が開くんですが、このボタンのストロークが妙に深いんですよね。ボタンを押した時の「沈み込み」が思っていたより深くて、グイッと押し込む必要があるんです。

以前の「RZ-YS10」だと「スッ」とか「ポンッ」と少し押せば上蓋が開いたんですけど、『NP-VJ10』の場合は「グイッ」や「ガッチャン」って感じなんですよ。何となくでも伝わりますかね(笑)

ただ、家電量販店に行って色々な炊飯器を触ってみた結果、今の炊飯器は大体こんな感じでした。なので「RZ-YS10」のストロークが逆に浅すぎたという事かもしれません。きっと慣れれば気にならなくなるかな。

 

今のところ不便に感じる点はこれだけですが、使い倒していくうちに他にも出てくるかもしれないので、その際は追記予定となります。

 

まとめ

如何でしたか?

最新炊飯器の魅力が少しでも伝われば幸いです。炊飯器はめったに買い替えるものではないので、しっかり選んで納得のいく商品を買いたいですね。

 

私の今回の買い物は、
ひとことで言うと「買って正解」でした。

15年前の機種と最新機種を比べても仕方ありませんが、以前に比べてご飯が格段に美味しくなった上に機能も満載。更に掃除もしやすい!

文句なしですね。

あとは、どれだけ長持ちするかが気になるところです。長く使えるよう、あえて圧力機能の付いていないミドルクラスを選んだので、最低でも10年はもたせる予定(笑)

 

 

こんな記事も読まれています
【Amazonセール】サイバーマンデーセールが2017/12/8から開催!セール内容詳細と割引サービスまとめ
【0歳~2歳用】小さい子供のクリスマスプレゼントにおすすめな『おもちゃ/知育玩具』特集2017!
たったこれだけで、たこ焼きを家で美味しく作れる!元たこ焼き屋が実践してる事
読書初心者におすすめ!読みやすくて面白いミステリー小説ランキングベスト20!