かぷりころぐ

Octopus dumplings Food stands

【ミステリー小説】おすすめ推理小説5選【大どんでん返し編⑤】

f:id:caprico_360:20171029022752j:plain

 

今回は、おすすめ推理小説【大どんでん返し編】の第5弾です。

 

同シリーズは↓↓
おすすめ推理小説【大どんでん返し編①】
おすすめ推理小説【大どんでん返し編②】
おすすめ推理小説【大どんでん返し編③】
おすすめ推理小説【大どんでん返し編④】
おすすめ推理小説【大どんでん返し編⑤】
おすすめ推理小説【大どんでん返し編⑥】
『大どんでん返し系』ミステリー小説おすすめランキングベスト30!

 

初心者向けミステリー小説ランキングは↓↓
初心者におすすめ!ミステリー小説ランキング【ベスト20】

おすすめ大どんでん返し系推理小説5選!⑤

 

「大誘拐」 天藤 真

まずはこちら。

この作品、単なる誘拐モノだと思ったら大間違いです。
刑務所で出会ったチンピラ3人組が大富豪の老婆を誘拐するんですけど…このお婆ちゃん、82才なのに頭が切れる切れる!

あっという間に3人から主導権を奪い取り、誘拐された側にも関わらず、身代金強奪に力を貸します。身代金もお婆ちゃんが決めたんですが、その額何と100億円!

お婆ちゃんは何故誘拐犯に協力するのか?
100億円という大金をどうやって受け渡しするのか?

 

お婆ちゃん、そうくるか~!? と、驚きの連続ですよ。 
見応え抜群な上に、泣ける物語になっています。。

1978年なので今から約40年前の作品ですが、面白さが全く色褪せてません

 

「あした天気にしておくれ」 岡嶋 二人

続いても誘拐モノ。

…なんですけど、こちらもタダの誘拐モノじゃありません。
誘拐されるのは人間ではなく、「
しかも、バリバリの競走馬ではなく、デビュー前の

何故デビュー前の馬が誘拐されたのか? も気になるところではありますが、この作品の一番のキモは、どうやって身代金の受け渡しをするのか? です。

↑↑の「大誘拐」然り、現実の誘拐事件然り、誘拐事件の犯人側は「いかにして捕まらずに身代金を受け取るか」という点に知恵を絞る必要があるので、非常に難しいですよね。この難問をどう切り抜けたか…その辺りを楽しみに、読んでもらいたいですね~。

 

岡嶋 二人の作品は以前紹介した「焦茶色のパステル」も競馬界の話だったので、その時もお伝えしましたが、「競馬界?興味ないな~」と思って読まずにスルーしている人は、絶対に損してます! 競馬が好きじゃなくても、この本は十分に面白いですよ。

 

「R.P.G.」 宮部 みゆき

ほぼ電話ボックスのシーンだけで話が展開する、コリン ファレル主演の「フォーン ブース」という面白い映画がありましたが、この小説の場合、その殆どを取調室のシーンが占めています。まるで舞台を見ているかの様に…

同じシーンを飽きさせず長く続ける為には、結構な工夫が必要ですよね。

 

被害者はインターネット上で疑似家族を作って「家族ごっこ」を演じていた男性で、自身が父親役、他には母親役息子役娘役の3人がいました。

その3人の取り調べの様子を、マジックミラー越しに警察と被害者の娘が見守る…というシチュエーション。

折原一のマトリョーシカ方式を彷彿とさせる、R.P.G.の多重構造を楽しめます!

 

「MAZE(メイズ)」 恩田 陸

アジアの西の果て、何もない荒野にポツンと立つ白い建物
その建物に入った人間は「消える」…オカマの「神原 恵」を始めとする4人の男たちが、300人が消えた謎の建物の秘密を暴く物語です。

人間消失のルール」とは何か?

 

これはミステリーであり、ホラーであり、ファンタジーでもあります。

普通の現代社会の中にSFちっくな謎が突然現れたので、そっち系(ファンタジー的な)の話かと思いきや、きちんと論理的に謎を解明していきます。
でも、ホラー要素やファンタジー要素も残している…。

1冊で何通りもの楽しみ方を味わえる、恩田 陸らしい作品ですね~。

 

「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂 幸太郎

本日のラストはこちら、伊坂 幸太郎です。

この人の作品も当然色々と読んでるんですけど、このブログで紹介するのは初めて。

何故かというと、伊坂 幸太郎の小説はジャンル分けが難しいんですよねぇ…。
1ジャンルの枠にピタッとハマる作品が全然無いので、いっその事「伊坂 幸太郎特集」でも作ろうかと考えています。

 

で、この本のお話に戻りますが、

主人公の「椎名」が、アパートの隣人「河崎」に犯罪を持ちかけられるんですけど、それが「本屋で広辞苑を盗む」という訳の分からない計画…。

何故本屋で広辞苑を盗むのか?

現在と過去(2年前)の2つの視点から、徐々に物語が明らかになっていきます!
ボブ ディランの「風に吹かれて」を聴きながら、読んでください。

 

 

如何でしたか?

紹介したい名作はまだまだ沢山あるので、ネタが尽きなくて嬉しいです(笑)

では、第6弾でお会いしましょう。

 

Kindleなら
30日間無料キャンペーン実施中

Amazon Kindle公式

Kindle Unlimited

 

同シリーズは↓↓
おすすめ推理小説【大どんでん返し編①】
おすすめ推理小説【大どんでん返し編②】
おすすめ推理小説【大どんでん返し編③】
おすすめ推理小説【大どんでん返し編④】
おすすめ推理小説【大どんでん返し編⑤】
おすすめ推理小説【大どんでん返し編⑥】
『大どんでん返し系』ミステリー小説おすすめランキングベスト30!

 

初心者向けミステリー小説ランキングは↓↓
初心者におすすめ!ミステリー小説ランキング【ベスト20】