かぷりころぐ

Octopus dumplings Food stands

【小説】おすすめ軍事/ミリタリー小説5選②【戦争/特殊部隊/戦闘機/潜水艦】

f:id:caprico_360:20171130154119j:plain

 

大好評シリーズ「おすすめ軍事/ミリタリー系小説5選」の第2弾。

 

今回も珠玉の作品を揃えてあるので、気になった本は是非手に取ってみてください。

中古本であれば1円から買うことができます。

 

軍事/ミリタリー小説シリーズ
おすすめ軍事/ミリタリー小説5選①
おすすめ軍事/ミリタリー小説5選②

 

【小説】おすすめ軍事/ミリタリー小説5選②【戦争/特殊部隊/戦闘機/潜水艦】

 

「ミノタウロス」 スティーブン クーンツ

 

文句なしに1級品

 

おすすめ軍事/ミリタリー小説5選①で紹介した「ジェイク グラフトン」シリーズの第3作目。

第1作目は戦闘機での戦闘シーンが沢山出てくる、どちらかと言えばアクションメインなミリタリー小説でしたが、今回のミノタウロスは情報戦・頭脳戦・策謀メインのテクノスリラー作品に仕上がっています。

 

元アメリカ海軍のパイロットが描くテクノスリラー小説…これが非常に秀逸!

 

アメリカ海軍の次期主力戦闘機導入計画の裏で暗躍する謎の人物「ミノタウロス」とは一体誰なのか…。米ソ冷戦と絡めた緊張感のある展開は、手に汗握る面白さです。

(シリーズものですが、この作品から読んでも問題ありません)

 

 

 

「戦国自衛隊」 半村 良

 

架空戦記小説の金字塔

 

「現代の軍隊」VS「戦国時代の鎧武者軍団」…戦ったら勝つのはどちらか!?

という、男には堪らないシチュエーションの作品。

SF及び架空戦記小説の金字塔ですね。

 

「銃・ヘリ・戦車」VS「刀・弓矢・馬」

…子供の頃は近代兵器で武装した自衛隊が余裕で勝つだろうと思っていましたが、結局のところ戦っているのは「同じ人間」であり、自衛隊側は「補給の問題」があるので…人員と弾薬の補給ができない自衛隊側は、最終的にだいぶ不利だと思います。

 

わざわざこのページを見ている方でこの作品を未読の人は居ないと思いますが、もしまだ読んでいないなら…必ず読むことをおすすめします。

 

 

2回映画化されましたが、断然初代派です↓

 

漫画も2種類あります。

田辺 節雄Ver.(続編合わせて全11巻完結済)

 


森 秀樹Ver.(全4巻完結済)

 

「交戦規則ROE」 黒崎 視音

 

「自衛隊」VS「北朝鮮」

 

日本に侵攻してきた北朝鮮軍に対し、自衛隊が対抗していく物語。

ミサイル問題・脱北兵士などで常に話題の隣国が敵とあって、妙にリアリティを感じさせる作品です。

 

黒崎視音は主に警察小説を書いている作家なんですが、自衛隊の初めての実戦シーンはかなりの迫力ある描写。戦闘シーンも上手い!

 架空戦記小説も沢山書いてほしいですね。

 

「自衛隊」VS「北朝鮮」…どちらが勝つと思いますか?

 

 

「スクランブル イーグルは泣いている」 夏見 正隆

 

航空×青春

 

続いては、大人気シリーズもの。

現役のパイロットが作者の長編航空小説で、現在11作まで刊行されています。

 

戦闘機が空を縦横無尽に駆けるシーン、自衛隊と敵国との戦闘シーン、そういった派手なシーンももちろん魅力的なんですが、この作品は登場人物たちの成長物語・青春群像撃でもあり…戦闘機も登場人物も、どちらもカッコイイ!

 

  • 戦闘機・航空機が好き
  • 青春物語が好き

そういう方でしたら、この小説も必ず好きになりますよ。

 

今なら1作目が『Kindle Unlimited』無料対象になっているので、試し読みするには丁度いい機会ではないでしょうか。

 

\ 30日間無料で試せる! /

130万冊以上が読み放題 『Kindle Unlimited』 >>

 

 

第2作目以降はこちら。

スクランブル 要撃の妖精

スクランブル 復讐の戦闘機 上

スクランブル 復讐の戦闘機 下

スクランブル 亡命機ミグ29

スクランブル 尖閣の守護天使

スクランブル イーグル生還せよ

スクランブル 空のタイタニック

スクランブル バイパーゼロの女

スクランブル 不死身のイーグル

スクランブル 荒鷲の血統

 

 

「レッド ストーム作戦発動(ライジング)」 トム クランシー

 

東西冷戦テクノスリラー

 

おすすめ軍事/ミリタリー小説5選①で紹介した、トム クランシーの作品。

東西冷戦時代を舞台にNATO軍とワルシャワ条約機構軍との全面戦争を描いていて、「ジャック ライアン」は出てきませんが、にも関わらず非常に面白い小説です。

 

戦闘描写・人物描写・政治背景…どれも練りに練られていて、全く隙がありません。

こんな面白い小説を書いてくれてありがとうと言いたいですね。

 

ちなみに、トム クランシーを語るにあたって絶対に忘れてはいけない人物が居まして、、それが「ラリー ボンド」。この作品もそうなんですが、トム クランシーの初期作品はラリー ボンドとの共著が多く、彼の助けが無ければ、トム クランシーがここまで有名になる事も無かったかもしれません。

 

そのラリー ボンドが単体で書いている小説もこれまた面白いので、そちらもいずれ紹介したいと思います。


 

 

無料体験あり!『Kindle Unlimited』は本好きなら絶対損をしないサービス

f:id:caprico_360:20180131194016p:plain

 

Kindle Unlimited』は、本好きには全力でおすすめしたいサービスです。

 

130万冊以上の対象Kindleコンテンツ(本・雑誌・マンガなど)が読み放題で、スマートフォン・タブレット・PC・Kindle電子書籍リーダー・Fireタブレットなど、対応機器も豊富。

小説・ビジネス・実用書・コミック・雑誌・洋書などなど、1ヶ月に2~3冊以上書籍や漫画を読むなら絶対にお得ですよ。

 

30日以内に解約すれば料金がかからないので、気軽に試すことが可能。

 

\ 30日間無料で試せる! /

130万冊以上が読み放題 『Kindle Unlimited』 >>

 

 

軍事/ミリタリー小説シリーズ
おすすめ軍事/ミリタリー小説5選①
おすすめ軍事/ミリタリー小説5選②

 

~こんな記事もおすすめ~